Ohkawa lab.

News Release

私たちのゴール
→ゲノム上の遺伝子は何が定義し、選択的に発現させるのか?

人体は200種類以上、約37兆個の細胞で形成される。細胞は、同一のゲノムより、選択的な遺伝子発現が行われることで、固有の機能を獲得し組織を形成する。ヒトゲノムプロジェクトは、ゲノム上の全塩基配列を決定し、細胞を形成する全遺伝子解析の道を拓いた。しかし、人体を構成する細胞の種類は未だ明らかでなく、ゲノム上に存在する全遺伝子の位置や数は不明なままである。

高速シークエンサー技術を駆使し、
個体に存在する全ての遺伝子を解析する。

近年の高速シークエンサー技術の進展により、少数細胞を用いて数万にも及ぶ全遺伝子の転写産物、転写制御機構を網羅的に行うことが可能となった。人体を構成する全ての細胞を対象に、あらゆる遺伝子発現を解析することで、人体に存在する細胞の種類、さらに、個々の細胞において、特定の遺伝子が選択され、組織特異的な細胞を形成する発生および分化のメカニズムの解明が期待できる。遺伝子発現制御を理解するには、核内でクロマチン構造上に存在する遺伝子が、転写因子の結合を起点として、転写される一連の過程を解析する必要がある。本分野では、高速シークエンサー技術を駆使して網羅的解析を進めている。

遺伝子の存在、発現様式はクロマチン構造に
定義されている(クロマチンコード)。

現在は、特に、骨格筋分化を制御するクロマチン構造パターン(クロマチンコード)に注目している。クロマチンコードには、クロマチン構造を形成するヒストンの種類の選択(ヒストンバーコード)、ヒストン修飾(ヒストンコード)に加え、ヌクレオソームの配置から、遺伝子の3次元的な配置に至る多様なパターンが存在する。クロマチン免疫沈降法による転写産物の定性、定量解析、大規模情報解析に至る様々なトランスクリプトミクス解析を組み合わせることで、パターン形成とパターン認識を両面から解析するアプローチを進めている。

大学院生募集中です

本分野では、将来的に大学等の研究機関で研究者を目指す方、基礎研究力をつけたい臨床医のみならず、企業等産業界への就職を目指す方、現在社会人でキャリアアップを目指す方も受け入れています。サイエンスを通じて専門的な知識や経験、論理力、アピール力を身に着けて自身のキャリアアップを目指してみませんか。多様なバックグラウンドを持つ人材が集まる環境で自分の可能性を模索してみてください。